大和屋宗十郎のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ロックダウン「トランスフォーマー/ロストエイジ」

  作成日時 : 2014/08/08 07:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


ずっと放置し続けていたこのブログをリセットして、本日よりいよいよ再稼働します。
不定期で色々書いていく予定ですので、ご覧くださる皆様よろしくお願い致します。

というわけで、記念すべきブログ第1発目の記事は玩具レビュー。
本日よりいよいよ公開となった「トランスフォーマー/ロストエイジ」からロックダウンです。

画像

私がロストエイジのトランスフォーマーで初めて買ったのがこのロックダウンです。
思えば久しぶりに買ったトランスフォーマーだったのですが、まぁ凄いゴリラ体型です。
ちょーマッシブ。

画像

こう見ると確かに映画もマッシブ。
しかし何かが違います。
というのも映画は逆三角形な体型が魅力的な均整のとれたマッチョ。
玩具は寸胴体型でスリムさが一切ありません。

画像

ほいで凄いサル顔です。
サル顔というかおじいちゃんみたいです。

画像

おじいちゃんっぽかったので杖をついてもらいました。
杖は付属のミサイルです(言葉だけ聞くと何を言っているのかという感じになりますね…)。
とはいえ、

画像

映画版もこの顔なので実はかなり再現度は高いと思いました。
DXクラスのサイズでよく頑張ったなと思うくらいです。

画像

特徴的な肩のトゲトゲもちゃんと作られています。

画像

凄く大きな武器が付属します。
ロックダウンの身長より少し低いくらいなので、かなりデカい。

画像

ロックダウンってどんなキャラなのでしょうね。
当然まだ映画を見ていないのでわかりませんが、風の噂によると
「最強最悪のディセプティコンでバウンティハンター」
なのだそう。
最強最悪!中二心をくすぐられます!
でも期待させといて色々アレだったフォールン師匠の二の舞にならなければよいのですが…。
というか、仮にオプティマスと渡り合うくらい強かったら、映画の印象から
「賞金稼ぎ>ディセプティコン創始者」
なんて構図はある意味複雑…。

画像

アニメイテッドやNESTシリーズではイカレパンクな車から変形する無法者な雰囲気でしたが、ロストエイジ版は
「熟練のクールな傭兵」
といったイメージを玩具や劇場予告から感じました。

画像

予告では右手が武器になりました。
改めて見ると車から変形したとは思えない、そんな事は微塵も感じさせない大変緻密なデザイン。
これをさすがに玩具で表現するのは無理ゲーですね。

画像

「誰の差し金だ」

予告で誰もが気になった
「顔面が武器に変形するトランスフォーマー」
は彼でした。
某所で「顔面お砲塔」なんて言われてました。

画像

頑張って再現したつもりでしたが、これ以上被写体に寄るとボケまくります。
あ、私のブログは綺麗な写真とかはあまりこだわりません。
可動がとか変形がといったことも、他のレビューサイトやブログにお任せします。

画像

予告のアレが玩具で再現できるのは嬉しいです。
そして極めてシュール。

画像

こんなのが歩いてきたらそりゃあ裸足で逃げ出します。

画像

先ほども書きましたが、私の中ではクールな傭兵といったイメージなので、こんないかにも怪物といったポーズをするイメージがありません。
よくある腰を落としガニ股で構えるとかそんなポーズがどうにもピンとこない印象。
なもんでまだ俺設定もできないという。
劇中でどんな姿を見せてくれるか楽しみです。

画像

予告で無慈悲にも容赦無くオプティマスの顔面を蹴り上げてました。
ロストエイジのオプティマスが無いので、代役は仮面ライダーJです。
ごめんねJ。

画像

もし仮に「百戦錬磨の冷徹なる熟練ハンター」だとするならば、このおじいちゃん顔もむしろダーティでハードボイルドさを感じさせる、渋いご尊顔に見えてきました…!
かっこいいぜ、ロックダウン!!










…んなこたぁない。

私は絶対マスク派です。

画像

なんでこの顔で玩具化してくれなかったのかと今も思っています。
どう見てもこっちの方がかっこいい。

画像

なもんで、マスク顔で体型も劇中に近いフリップ&チェンジシリーズのロックダウンを買おうかとすら思ってたりします。
が、いかんせんデカ過ぎる為に検討中…。

画像

というわけで、我が家ではロボットモードで飾る際は終始この姿です。
そんな彼が変形するのは、先ほど書いたように車なわけですが、

画像

ビークルモードは文句無しにカッコいいのが心憎いです。
ランボルギーニ・アヴェンタドールという、名前もナウい(死語)です。

画像

ただ、実際は黒に近いグレーなカラーリング。
玩具は茶色寄りなのが惜しいです。
でもフロントガラスなどが綺麗なブルーでとても素敵。

画像

馬鹿でかい武器はビークルに武装できます。
さすがにこれだけの大きさのものを車内にうまくディスガイズさせるのは無理だったようです。
車体にディセプティコンマークがさりげなく(そうでもない)あしらわれています。
ウィンドウは全開です。
今回ロックダウンはビークルモード時に終始ウィンドウ全開で活躍するのでしょうか(んなこたぁない)。

今回ロストエイジのディセプティコン勢は極めて少ないので、玩具をしっかり補完していきたいところです。

( ^ω^ )ノシ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ロックダウン「トランスフォーマー/ロストエイジ」 大和屋宗十郎のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる